Loading...
sticks to wood
製作のこだわり
Learn More

一枚板製作のこだわり

現在検討中の一枚板を購入後「反って使えなくなった」なんてことになったらどうでしょう?
反り止めにも様々な方法があり、アリ溝吸い付き桟という方法をご存知ですか?
接ぎ合わせの天板を製作するとき、反りずらい接ぎ合わせ方があるのを、ご存じですか?

某ネット通販サイトなどでは、無垢の海外製品や、薄すぎる木材を使ったテーブルが多く見られます。
また実店舗でも一切反り止めを施していない販売店がほとんどです。

ここでは一枚板や無垢テーブルを購入するにあたって、お客様が購入して失敗しないように、大切な知識をお伝えします。
Eury dikeのwebサイトでは一枚板の重要な部分をお伝えしております。
Eury dikeではどういうことにこだわって製作しているのかもあわせて、一緒に勉強していきましょう。

一枚板・無垢材の乾燥工程


木材は製材(丸太をスライス)したばかりの木材は必ず反ります。
その原因は木の水分量です。伐採されたばかりの木は含水率が150%ともいわれます。
皆様のご理解している湿度と、木材の含水率は異なりますが、日本の大気は15%と言われ、その環境下まで乾燥する為、一枚板の水分が多い部分がより縮みます。



木材・季節によって様々ですが、丸太の中心が含水率40~50%ですと、細胞活動が活発な樹皮はそれ以上になります。そして、その水分が蒸発すると外側の質量が少なくなり、年輪の外側に向かって反ります。強く反ったり縮む事により木材自身を割ってしまうほど強力な力があります。
写真の木材くらい反るのは普通です。全体的に反り、耳に近い部分はより水分が多かった部分なので痩せも強く出ます。

反る方向にも丸太の挽き方により変わってきます。この様に挽き方により、板目・柾目という呼び方があります。


板目と柾目のイメージ図ですが、この様に木材の表情も違います。


そして見た目が違うだけでなく、この様に反り方も変わってきます。



板目は上下で水分量が違う為、反ってきます。
柾目は左右で水分量が違う為、横に収縮します。
乾燥前は樹皮側がより水分量が多い事を考えれば、そのメカニズムも分かりやすいと思います。
反りの動きは挽き方により変わり、乾燥具合・個体差により反りの強さが変わります。

この乾燥がとても大切で、一枚板・無垢テーブルを一生使うには欠かせない工程です。
良い木材の為には、まずはしっかり乾燥させることが重要です。
現代の室内は気密性が良く、エアコンを使うなど高度な乾燥状態にあります。冬場の暖房を使用する環境は木材には大きな負担になるほどに乾燥している為、まずは木材自体をしっかり乾燥させます。
乾燥方法は、まず自然乾燥実施します。屋外で雨風にさらされながら3年前後、時間が必要な木材ですと10年以上乾燥させた木材を使用します。
その後、人工乾燥をしてより反りにくい状態にます。

人工乾燥とは様々な方法があるのですが、電子レンジのような構造で遠赤外線をあて湿度・温度管理しながり人工的に乾燥させます。最終の人工乾燥を4週間前後実施して、10%以下に水分量をまず減らし、中心部分までしっかり乾燥させます。
その後再度外で保管し、日本の四季を経験させお客様にご紹介いたします。
一度水分量を12%以下の平衡含水率なで下げた一枚板・無垢材は反りにくい性質がありますので、しっかり乾燥した木材を使用してテーブル製作しています。

現在より割れずに、完成時きれいな表情が出やすいバイオ乾燥も併せて実施しております。

Eury dikeではこのようにしっかり乾燥させた木材を使用し、その後日本の四季も経験させてから製作しております。

まずは何より良い状態の木材を使用することからEury dikeのテーブル作りは始まります。

無垢テーブルの接ぎ合わせの技術


接ぎ合わせのテーブルは、ただ木材を合わせているだけではありません。
いちばん重要なテーブルのデザインを左右する、全体の色味を合わせるセンスが必要です。
また反ってしまう天板を反りずらくする技法もあります。
一枚の板ではないため強度が落ちてしまうところを、一枚板に近い強度になるような接ぎ合わせの技法を採用しております。

まとめると、色味・反り・強度、接ぎ合わせ方法どれ一つとっても各工房大きな違いがあります。

まずはいちばん重要な接ぎ合わせ時の重要なデザイン決めです。
昔の製作工場では何十年と経験した職人にしか許されなかった作業です。それほど重要な工程で、これがテーブルの出来を左右すると言っても過言ではありません。

木材によっても様々で、色味の個体差がほとんど無いものは簡単です。
逆にブラックウォールナットはとても個体差があり、木目が激しい場所、素直な場所、茶色・濃茶・赤茶と色味の個体差も大きく、それぞれに白太があり合わせるには木材をしっかり観察し、多くの中から一つのテーブルにする木材を決めていきます。
これを理解していただくために下の写真を御覧ください。

こちらは接ぎ合わせの悪い例になります。




白太の部分が天板面に来るように配置すると接ぎ合わせのラインがはっきりとし、製作者がしっかり考えずに組み合わせたのがわかります。
また木目を揃えずに合わせると右の写真のようなものになり、せっかくの無垢テーブルが台無しです。
インターネットで検索すると、こんな作りをしているとこ意外とありますよ。
Eury dikeではこの合わせた時の木目・色みの合わせ方をとても重要視して合わせております。

まず、数多くの乾燥させた無垢材からテーブルにあった板を選びます。それを一度削り、色みが合うものを選びます。
経験則から塗装後の色みまでイメージ出来ますが、細かい色みも確認する為、一度濡らして、塗装後の色を確認します。
一度濡らすことにより、塗装したら意外と違う性格の無垢材だった。なんてことがないように手間を惜しまず確認します。
その後、板の選別・配置・数ミリ単位のずらしをし、最高の仕上がりを常に目指しております。
その点を考えたうえでこちらをご覧ください。




これは3枚接ぎの天板です。 Eury dikeの通常の製作の商品ですが、仕入れ状況から産地を統一し同じ色味、似た木目を選んで製作します。
どこで接ぎ合わせているのかわかりますか?
このクオリティーは常に色味を確認するからできる仕上がりです。




こちらはダイニング無垢材で色味木目の動きもそろいつつ、面白みのある天板です。
杢が出ている部分もありますし、幅の広いものを厳選して合わせた天板です。

ローテーブルの写真の天板は、お客様から頂いた写真がきれいで分かりやすいため使用させて頂きました。
耳は素直な耳付き無垢材ですが中央に虎杢という大変珍しい杢目があります。大変高級なもので、常にストックがあるわけではないのですがこのような動きのある素晴らしい木材でもきれいに合わせることができます。綺麗な耳付き天板と動きのあるものを合わせるのは、色みと木目を合わせる高い技術とセンスが必要になり、簡単なようで大変難しい作業です

遠目から見れば分からないよ!と思うお客様のために、近くからの写真を見てみましょう。 こちらの写真をご覧ください。どこで接ぎ合わせているかわかりますか?



どうでしょう?わかりましたか?
正解はこちらです。




側面をご覧いただければ接ぎ合わせた箇所が分かると思います。数多くのきれいに製材した木材の中から、相性の良い木材を選んで合わせています。

このような細かいところで差が出ますので、ただ価格だけを見て購入しないでください。
どのようなコンセプトで製作するかによりさまざまですが、木目色味が合うよう接ぎ合わせをこだわって製作致します。

最も重要なそり止め 「蟻溝吸いつき桟」


反り止めはEury dikeではとても重要視しています。
なぜなら無垢材は必ず反るからです。
厳密に言うと何もしなかったら必ず反るのです。

過去に他のお店で買った人からご連絡がありました。内容はこのとおりです。
「東京の販売店で、一生モノのつもりで買った一枚板が反ってしまいました。反りが強かったのでメンテナンスとしてお金を払い、平らにしてもらったら5cmの一枚板が2cmになって帰ってきました。こんなことってあるんですか?」とご質問頂きました。答えは「YES」です。

木材は生き物ですから、乾燥の度合い、使用環境により反ってしまいます。ですからその反りを抑える反り止めは必須です。
ですが、その方の話では、そのお店は十分な乾燥をしているからこの一枚板は反らないと言われたそうです。


私から言わせると「嘘つき」です。


何度も言うようですが、無垢材が反るのは、含水率と使用環境湿度によって反りますので、十分な乾燥をしても使用環境により反ることはありますので、絶対に反らないということは、絶対にありません。
十分乾燥させても反るリスクはありますので、Eury dikeでは決して反り止めを軽視しません。反り止めこそ、最後の砦と考えておりますので最重要項目として考えています。

反り止めには何種類か工法があり、それぞれ特徴があります。種類としまして
①反り止めなし
②角材を裏に当てネジ止め
③鉄製の反り止めを裏側からネジ止め
④天板に蟻溝加工し「吸い付き桟」にて反り止め加工

①の反り止めなしですが、現在の一枚板店舗の多くはこの反り止めなしが主流です。
「反らないからそういう販売しているんでしょ?」
いえいえ違います!一枚板が絶対に反らないことは絶対にありません。販売店で裏側を使える等いろいろなメリットは言うと思いますが、

一番のメリットは 売りやすいから です。

店舗で反り止めない一枚板を選んでいただく。脚を選んでいただく。乗せる。お届けする。
とても効率の良い販売方法です。販売数を考えたとき、この販売方法は最高です。

一方アリ溝吸いつき桟をつけた一枚板を店舗においていたらどうでしょうか?
この一枚板いいなと思った一枚板が少し大きくカットを依頼しました。
ですが、事前にアリ溝吸いつき桟をつけているのでカットすると希望の脚をつけることができません・・・・

となるのでアリ溝吸いつき桟がついた一枚板を店頭で販売することは非常に困難です。
その為、倉庫で選んでいただき、お客様ご希望の長さ・脚・高さ等のご希望をしっかり聞き、ご家族にピッタリのオーダーにて製作する方針になっております。

話がそれましたが、反り止めなしは経営上の理由が大きいです。

②にあっては作業時間がほぼかからず、見た目でなんか反りを抑えてくれそうな見た目だけの施工です。十分な反り止めの役は果たしません。

③近年多く見る反り止めです。裏面がフラットになり脚の制限がなくデザイン性が良いものです。鉄と木材をねじにて固定していますので、反理が発生すると、一番外側のねじのみに強い力がかかり、ねじ穴をつぶして反っていきます。また木材が収縮した場合鉄の反り止めの形状にもよりますが、天板は割やすくなります。
木材は収縮するのに鉄は収縮しませんので、収縮時その違いが割れとなって現れてしまいます。


ですが裏面が完全なフラットになりますので、カウンターやテーブルの裏のフラットがこだわりの方には良いと思います。

④天板に溝を掘りその溝にピッタリ合った桟(反り止め)を入れます。レールになっている為、一枚板が収縮した場合でもストレスなく収縮させてあげられ、天板の収縮に柔軟に対応します。 また、桟には硬い樫又は楢を使用し面で反りを抑えますので、一番理にかなった、一枚板の事を考えた反り止めです。
また、裏面を見た時にも、木材の反り止めがあるため職人の技術を肌で感じられます。

Eury dikeは販売する都合ではなく、お客様のことを第一に考えておりますので、
お客様の一生モノのテーブルのために「アリ溝吸い付き桟」を採用しています。

一枚板の反り止めには、なぜ「アリ溝吸い付き桟」がいいのでしょうか?


先程簡単に説明しましたが、詳しくご紹介します。

吸い付き桟は天板の裏側に蟻溝というレールを掘ります。
天板が反ろうとする力をこの蟻溝が反り止めに吸い付き、反りを止めます。
反り止めと蟻溝がぴったり合うことにより強い力でそろうとする天板をしっかり抑えます。

一枚板や無垢材のは場所により収縮率(伸び縮みする長さ)が異なりますがそれが違う木材でも、天板の収縮にしっかり寄り添い、天板に無理にストレスを与えないため割れの発生を抑えます。

近年多く出回っている鉄製の反り止めはネジの間隔は変わらず、木材は収縮しますのでその差が割れとなって発生します。
吸いつき桟は天板が動きやすいように柔軟に対応してくれます。

その反り止めは、天板と同じ木材か、それより硬い木材を選びます。硬い木材ですとカシを使用しますので反り止めの強度も十分確保しております。

コスト面と効率を優先した構造ではなく、天板の為に手間を惜しまず、お客様のために、本当にいいものを製作したいという思いからこの反り止めを施工しています。


吸い付き桟の作業工程をご紹介します。

まずは天板の裏面を最終の仕上げを実施します。

大型の機械にて自動カンナ・サンダー掛けにて面を出し整え、機械ではできない細かな仕上げを手作業のサンダーにて実施します。
きれいに塗装をしてもよいところまで、丁寧に仕上げます。


天板に合わせて、数か所反り止めを付けるためにアリ溝を掘ります。
脚の形状や、天板のサイズにより反り止め数や位置を変更し、天板に対して最良の位置にて施工します。
Eury dikeではすべてオーダー製作ですので事前にしっかり打ち合わせ致します。


ルーター加工後きれいに整えます。横から見ますと台形になっており、この角度がアリ溝と桟がしっかり吸い付く要因になります。


この溝を奥に行くにつれほんの少し狭くします。寸法では10cm進むにつれ0,5mm溝を狭くします。
ホントに少し狭くなるだけですが、ここで付けた角度が重要で、今後の作業でよりアリ溝と桟が吸い付くようになります。


全く同じ角度・深さで今度は雄木を製作します。
先ほど製作した溝にぴったり合うような吸いつき桟を製作します。
これを打ち込んでいきます。


ぴったりはまるようにするため、一度でははまらないようにします。
滑りをよくするようにし、ハンマーで強く止まるまるところまで打ちつけます。
そして、再度アリ溝を削ります。0.01mmの調整をするので、大変繊細な作業を実施します。


何度も何度も、、、、


何度も何度も同じ作業を繰り返し、強い力で打ち込むことにより、天板と桟をしっかりと吸い付かせます。
強く打ち込みぴったりとはまる様になりましたら微調整は完了です。
簡単に紹介しましたが、大変多くの時間がかかります。微調節は終了しても作業はまだまだ続きます。


桟をカット・ペーパーがけをして形状を整えます。
そして桟の打ち込んだ先のアリ溝部分に当たる部分をカットします。このあそびを取ることにより、一枚板・無垢材が呼吸し収縮した場合にもストレスをかけるこがありません。


吸いつき桟を打ち込んでもまだ溝が存在します。このままでは見た目にも使い勝手も悪いので、蓋をしてあげます。 溝と同じ厚さ・同じ形状のものを製作します。


その後打ち込み、耳を綺麗に整え完成です。 ここでは簡単にご紹介しましたが、この大変多いい作業工程を経て完成します。
時間にするとこの吸い付き桟の加工のみで6時間前後はかかり、1枚に1日近くかかることになります。
他店でこの最良の反り止めを採用しない理由も、言わずともわかるかと思います。 ですが、この反り止めがとても重要ですのでこの時間は、一枚板テーブル、無垢テーブルに最低限必要な時間だと思っております。
この時間をかけることによりネジ・接着剤を使わず強固に、そして一枚板にストレスをかけずに反りを抑える事ができます。
無駄な割れ・反りを発生させない、Eury dikeの職人のこだわりです。

一生に一度の買い物です。
生産性を求めた天板ではなく、本当に天板の事を考えしっかり製作されたテーブルのご購入をお勧めいたします。
不明な点は、お気軽にお問い合わせください。

・自然を仕上げるために


自然が長年かけて作った木目は決して人間には作れません。
自然が織りなす耳の動きはどんなデザイナーにも描けません。すべて異なる性格を持った天板をその天板に必要な仕上げをします。

具体的に言うと、木材には必ず節があります。大木の幹になる部分をテーブルにするのですが、そこから生える枝が、天板の節となってきます。
ですのでこの節が木材は本当に少ないのです。そしてこの節はテーブルにすると穴になってしまいます。書物をしているときこの穴がそのままでしたら書きづらく、使いづらいテーブルになってしまいます。
ですのでEury dikeではエポキシ樹脂に色を入れ節の穴を埋めます。天板にあった色に着色しますので、経験とセンスのある職人にしかできない作業です。

もう一点、天板の仕上げに必要な技術があります。
チギリの技術です。


写真の通り割れがある天板はとても雰囲気がよく、割れが出す動きがとてもかっこいです。
ですがこの割れをそのままにすると、割れが広がり反り止めをしていない天板は割れがどんどん広がる可能性があります。
そのようなことにならないよう、このチギリで割れを止めます。

外に開こうとする力を、この末広がりのリボン状のチギリで動きを止めます。見て頂ければわかるよう0.1mmの隙間も許されない施工ですので、技術のある職人にしかできません。

大型の無垢家具店はこの作業を嫌います。時間がかかる上、熟練した職人にしか信頼して任せられないからです。
私も、何度も何度も数年間繰り返し練習し、完璧に施工することができるようになっています。

ですがこのようなチギリは一枚板のデザインを大きく変化させていしまいます。
当然このようなデザインが嫌いなお客様もいらっしゃいますので、そのような方には裏面から深くチギリを入れ、天板面はきれいに仕上げることが可能です。

下記で説明しますが、Eury dikeではオーダーで仕様をすべてご相談させて頂きます。



・天板を引き立たせるための脚へのこだわり


脚はテーブルの仕上がりを決める大変重要なものになります。脚がぐらついてしまったらどうでしょう?

せっかくのテーブルが台無しですね。しっかり強固に固定し、更に脚がデザインを更に良くしてくれる脚を日々考えております。
お客様のご要望に応えられるよう、高い技術と、様々な脚のバリエーションを準備していきたいと思います。



以上をラインナップに入れております。

ですがこの脚はあくまでもラインナップです。Eury dikeでは基本的に脚もオーダーで製作します。
Eury dikeの考えでは脚も重要なデザインと考えており、その趣味はお客様により千差万別です。一枚板はいいのに脚が納得できないなどがないように、脚もご希望の形状で製作します。 こんな感じと、写真のご提示があると大変助かります。
倉庫見学時はその場で、WEBでの打ち合わせはメールにてご相談致します。

天板を乗せる形状、固定する形状、木材、金属様々なご要望にお応えいたします。
今後、順次ラインナップ自体を増やしていきます。お客様により満足していただけるようにしていきますのでよろしくお願いいたします。


・全てのテーブルをオーダー製作いたします。
Eury dikeではすべてのお客様に満足していただくために、お客様ご家族の身長に合わせた仕様にするためしっかり打ち合わせ致します。倉庫見学頂ければ実際に座って計測させていただきますので是非倉庫見学頂ければ幸いです。 また、一枚板の加工もすべてご指定いただけます。 チギリ加工、耳の加工、Rの加工とすべて詳細に指定可能です。
お客様のセンスにピッタリの加工を致します。
詳しくは下記リンク オーダー製作をご確認下ください。
≫オーダー製作


長くなってしまいましたが、最後までご覧いただきありがとうございます。
製作のこだわりはご理解して頂けたでしょうか?
昔はより良い工法を時間をかけて製作していたため、無垢テーブルは大変高価でした。

近年では、製作効率を上げるために、反りに対しての対策が不十分になって来ています。
効率が上がるため価格を抑えることができ、無垢テーブルが多くのお客様に広まったのはとてもいいことかと思いますが、一生もののテーブルとはならない可能性もあると思います。

私は一枚板には木の命が宿り、一枚板の妖精がいつもいると考えております。 数百年かけて成長した命が宿った一枚板には最善の方法で加工し、お客様の為に丁寧に製作する必要があると考えます。
是非、ご購入するときはどのように製作されているのかしっかり確認してみてください。

Eury dikeでは最良の工法で製作しております。
近年効率化を優先した販売方法になってきておりますが、
Eury dikeの製作も非効率的。お客様の身長やセンスに合わせてのオーダーの打ち合わせも非効率的。
ですが、お客様には効率化なんて必要ありません。

一枚板テーブルを使うのはお客様です。
お客様が欲しい形を、お客様に決めていただきます。

「一生モノのテーブルをお客様お客様にとって最高の形に一緒に仕上げていきましょう。」

そのために時間を惜しみません。
お客様に高品質を実感していただく為に、一つ一つ丁寧に製作していきます。

次は塗装のこだわりを御覧ください。

≫塗装のこだわりを見る


≫お問い合わせをする