Loading...
difference in coat with paint
オイル・ウレタン・セラウッド
塗装の違い

オイル・ウレタン・セラウッド 塗装の違い

オイル・ウレタン・セラウッド塗装は一枚板・無垢テーブルが好きな方はご存知かと思います。
一枚板・無垢テーブルをご購入するうえで、塗装は大変重要になりますが、この3種類の違いをお答えできますか?
少しでも悩んだ方、より知識を深めたい方、実際に使用実験結果をご覧になりたい方は、このままページをご確認ください。

塗装には人間と同じで長所・短所が必ずあり、すべてを兼ねそろえた完璧な塗装は今のところ存在しません。
その為ご購入する前に、お客様のライフスタイルや性格にはどの塗装が合うのかを確認していただきたいと思います。



塗装のメリット・デメリット


無垢材には塗装が欠かせません。 塗装なしの無垢材のままで使用すると、いい色が出ないだけでなく、汚れは染み込み、最終的には腐ってしまいます。 そのため、無垢テーブルには塗装が必須です。 塗装には大きく3つの塗装方法があります。
1 オイル塗装
2 ウレタン塗装
3 セラウッド塗装

無垢テーブルをお考えの方で天板が決まり、最後に悩むのはこの選択です。

その悩む理由は「すべての塗装において長所があり短所がある」からです。

どの塗装が一番いいですか?と聞かれますが、私の考える一番いい塗装とお客様が考える一番いい塗装は異なります。お客様のライフスタイルや性格を考えた上でどの塗装がベストかを、ご家族皆様で話し合っていただき塗装方法を選択するかが大切です。
それでは各塗装の長所・短所を確認していきましょう。


オイル塗装

長所
・木材のをそのまま触れますので、自然のままの質感を感じられる
・キズ、シミが付いてもお客様ご自身でメンテナンスができ、新品同様に戻すことができる
・使えば使うほど味がでる
・表面の仕上がりがサラサラとなり、高級感のある仕上がり。

・経年変化を楽しめる。
短所
・水によるシミに弱い
・水ぶきが出来ない(固く絞ったタオルならOKです)

オイル塗装は植物性のオイルを木の内部に染み込ませております。その為、触った感触はそのままの木に大変近く自然を感じられます。 オイルを染み込ませますので、撥水効果はあります。ただ、導管などは塞がっておらず、硬い膜を作るわけではないので水分に弱いです。水ぶきするとシミになりやすいですが、かたく絞った水拭きなら大丈夫です。

ウレタン塗装

長所
・汚れがつきにくい
・水分に強く水ぶきできる
・日々のメンテナンスがいらない
・経年変化を楽しめる。

短所
・熱に弱い(約200度以上で変色)
・キズついた場合、お客様ご自身でメンテナンスが出来ない
・約20年後に再塗装が必要

ウレタン塗装は簡単に言うと薄いプラスチックの膜を作っているものです。 その為水・汚れには強いです。
ですが傷ついてしまった場合、ご自身でのメンテナンスができません。購入元に問い合わせて塗装をはがし再塗装をしてもらいます。

見た目ですがウレタン塗装はよくツヤが強くて自然の風味がなくなるという話をよく聞きますが、 それはウレタン塗装の悪いイメージを作るため、わざと艶ありのウレタン塗装とつや消しのセラウッド塗装を比較写真に載せている業者がおり、その悪意ある情報の為、多くのお客様が誤った認識になっております。
Eury dikeをはじめ、ほとんどの無垢家具店ではつや消し塗料を使用しますので、つや消しのウレタン塗装では見た目はオイル塗装とほとんど変わらりません。触り心地が異なる程度でつや消しで大変高級感がある仕上がりになります。

また直射日光の当たる場所では日焼けし、塗装自体が変色する場合があります。

セラウッド塗装

長所
・汚れがつきにくい
・水分に強く水ぶきできる
・日々のメンテナンスがいらない
・熱に強い
・紫外線の影響を受けにくく、経年変化を抑制できる

短所
・キズついた場合、お客様ご自身でメンテナンスが出来ない
・約20年後に再塗装が必要
・塗料自体が高価

セラウッド塗装もウレタン同様、薄いプラスチックの膜を作っているものです。 その為水・汚れには強く特徴としてはウレタン塗装と同じです。

簡単な説明でしたが、各塗装の特徴理解できましたか?
この説明を見て、水に弱いってどこまで弱いの?
新品同様に戻すってどういうこと?
見た目はほぼ同じってホント?
ウレタンは本当に水に強いの?
ウレタンはどれくらい傷に弱いの?

と思ったお客様!
下の塗装の比較実験をご確認ください。


オイル塗装とウレタン塗装の違い


オイル塗装とウレタン塗装を対象に様々な傷・汚れをつけて実験していきます。

セラウッド塗装とウレタン塗装は今回の実験での特徴が全く一緒です。 セラウッド塗装はオイル塗装との比較実験ではウレタン塗装と同様ですので省略させていただきます。

Eury dikeが使う塗料はオイル塗装はドイツ最高規格の試験を合格したリボス社の自然塗料を使用しております。
亜麻仁油を原材料にしている塗料で、亜麻仁を40℃の低温で時間をかけて抽出することにより、ビタミンA・Eが壊されずに残り食品レベルの安全性を保つもののみ使用しております。

亜麻仁油は毎朝飲んで健康管理をするというのも流行りましたので、体に害があるものではありません。お子様がいるご家庭でも安心してご使用いただけます。
Eury dikeでは、その成分の木材深部まで染み込むものと、表面の仕上げ用の2種類を使用し水に強くなるようにしております。

また、ウレタン塗装もF☆☆☆☆マーク承認の環境人体に影響の少ない、トルエン・キシレンを含まない環境配慮型2液性塗料ウレタン塗料を使用しております。
表裏下地処理3回、上塗り3回の塗装で耐久力ある様しっかり塗装しております。

それではオイル塗装とウレタン塗装の違いを写真を見ながら比較していきましょう。
※上記の通りセラウッドとウレタンは今回の実験では特徴が同じの為、併せてウレタンとしてご紹介いたします。

まずは2枚の写真を見てください.

色味、木目の異なる木材につや消しウレタン塗装・オイル塗装しました。木材により異なる場合があるので2枚確認してください。 見た目はほぼ変わりませんが、少しオイル塗装の方が濡れたような感じです。

触った感じは
ウレタン塗装はサラサラしたような感じで
オイル塗装はしっとりとして、木材を触った暖かさがあるような感じです。
それでは塗装をより理解していただくため、実験していきましょう。


実験です。
ウレタン・オイル塗装したブラックウォールナットに濡れたコップを置きます。
1分間置いた後コップをどかします。その後水が乾くまでそのままにします。
乾かない場合もありますので10分たったら拭き取ります。
食事の時間より短い時間ですが、1回の食事の目安として考えてください。

コップを取った直後です。ウレタン塗装はしっかり弾いています。シミになる要素は全くないのがわかると思います。 オイル塗装は染み込んでいます。

1回目の結果です。
上からはほとんど違いが分かりません。実際見ても上からの違いはほとんど分かりません。

斜めからの角度です。ウレタンは全く問題なしです。

オイル塗装は斜めから見るとうっすら色が薄くなっているのがわかります。

この実験を何度も繰り返していきます。

実験を3回繰り返しました。オイル塗装は上からでもうっすらシミがわかります。

近くで見るとしっかり分かります。ウレタンは変化がないため省きます。

横から見と更に違いが分かり、シミがはっきりわかります。

10回繰り返しました。時間が掛かり夜になったため照明をつけましたので、木の雰囲気変わりましたが、 シミの違いを確認してください。

もうはっきりとシミがついているのが分かります。
シミ付いた場合のメンテナンスは基本はサンドペーパーで研磨した後オイル塗装します。
シミが付いていない場合はそのままオイルのみ塗っていただければいいのですが、 ここまでシミが付いた上にオイルのみ塗ってみたらどうでしょうか?

結果は写真のとおりあまり変わらずシミは隠せません。 正規の方法の、サンドペーパーをかけてからオイル塗装してみます。

水シミがなくなるまで、しっかりとペーパーがけします。

塗った直後です。シミは消えたのが写真からでも分かると思います。

乾燥後の写真ですが、染み付く前と同じ状況です。
このようにシミがしっかり付いてしまっても、メンテナンスをしてあげればキレイになります。 これが新品同様に戻す方法です。
方法も簡単ですのでお客様ご自身で楽しみながら実施することができます。

期間は使用環境により変わってきますが、3か月に1度メンテナンスしていただければキレイを保てると思います。
水シミができたら早めにメンテナンスしていただければ簡単なペーパーがけで済みますので、早めのメンテナンスをオススメいたします。

そして手をかければかけるほど愛着がわきます。そこがオイル塗装の一番の長所かもしれませんね。

※ウレタン塗装はこのようなメンテナンスはできませんのでご注意ください。


それでは違う実験してみましょう。

食事中、必ず何かをこぼしてしまいます。そしてすぐ拭いたとします。 醤油とオレンジジュースをこぼし、そして10秒後に乾拭きしてみます。

結果は短時間で拭き取れば、変化は起きませんでした。10回ほど行いましたが変わりません。
更に数十回、同じ場所に繰り返せば変わるかも知れませんが、それまでにほかの水シミができる思いますのでこれくらいにします。
汚れはすぐに拭き取れば問題ありません。

次は傷に対しての実験です。

オイル塗装とウレタン塗装に対して陶器のコップ底のザラついた面で引きずり、 カッターで傷つけ、傷のつき具合を見てみましょう。

上からでは大きな違いはありませんが、 オイル塗装は色が濃い分カッターの傷が目立ちにくいです。 陶器の引きずりはどちらも白く付きます。

ウレタン塗装は傷が目立ちます。その理由は写真をよく見ていただけるとわかりますが、 深いキズがつくと塗装が割れ、そこがより白く目立ちます。
触ると、塗装が盛りあがって剥がれている為ボコっとしています。

オイル塗装も塗装していない木が見えているため白くなります。
触ると少しラインがわかる程度です。オイルの場合は傷の部分に水を塗って軽くこすると凸凹は消えます。また、傷が深い場合には濡らしたフキンを当て、熱したアイロンを当てることにより傷が消えます。木材が水を含んで膨張し傷が目立たなくなるためです。
その後サンドペーパーをかけてからオイル塗装します。



しっかりメンテナンスすれば深い傷でもこのように消えます。

とても深く1度のメンテナンスで消えない深い傷でもメンテンナンスを繰り返せば徐々に消えていきます。
このように傷でも、オイル塗装はメンテナンスすることにより新品の状態に戻ります。


ウレタン塗装もホームセンターで傷隠しキットなども売ってますが、塗装が復活するわけではないのであくまで傷隠し程度です。

ウレタン塗装とセラウッド塗装の違い


最後にウレタン塗装とセラウッド塗装の差を確認しましょう。

ウレタンとセラウッドの違いは熱への耐久性と紫外線カットの部分です。
ですが熱に関してはウレタンも耐久性がありますので、熱した鍋等を直接置かないかぎり問題なく、そのようなものを直接置くことはないと思いますので、熱への差は大きな差ではありません。

一番の差は紫外線カットの影響です。
セラウッドは紫外線をカットすることにより経年変化を抑制します。
初めの状態を保ちたい。経年変化はあまり好きではない方はセラウッドがおすすめです。

ウレタンは紫外線カットの特徴がありませんので、木材は紫外線の影響を受けます。
そのため経年変化は通常通り発生しますので、木材の経年変化を楽しみたい方はウレタン塗装がおすすめです。

細かい差はまだありますが、ウレタン塗装とセラウッド塗装の差はこのような性質の部分でどちらも選択肢の一つです。

ですがとあるサイトで、
セラウッド塗装を神格化し、ウレタン・オイルは悪!のように記載している会社があります。 そこでは『つや有り』のウレタン塗装と『つや消し』のセラウッド塗装を比較し掲載しているサイトがあり ウレタンは悪といわんばかりのサイトがあります。

確かに「ウレタン塗装」と「セラウッド塗装」の比較ですが、つや有りとつや消しとの比較では印象操作に近いもので大変不誠実です。

それをご覧のお客様より、ウレタンはテカテカしているんでしょ?
とのご質問を受けます。
そんなことは決してありません。

真実は下記の写真の通りです。
※下記の写真は「つや消しセラウッド」と「つや消しウレタン」で どちらも同程度のつや消し塗料を使用したものです。 また、どちらも下地処理2回、仕上げ塗装を2回実施したものです。

上部より確認した写真です。
写真の通り見た目ではほとんど変わりません。
写真でみても実物を確認してもほとんど差はありません。


次は横から光を当て表面の反射を確認します。
若干ウレタンのほうが光の伸びがありますが本当に微々たる差です。光の加減、色、で変わりますので、どちらもほぼ同じと思っていただいて構いません。

塗装する私共も、見た目上の差はないと認識しております。


木の質感の残り方は、下地塗装・上塗り塗装の塗り方や厚みによって変わりますので、どちらも同じです。

そのためウレタンとセラウッドの違いは
紫外線カットが原因の、経年変化の差という部分になります。

また、セラウッド塗装は高価なため他店では割増料金がかかる場合がありますが、Eury dikeではウレタンからの割増料金を廃止いたしました。
追加料金が、お客様の純粋な判断の邪魔になると考えての廃止です。

そのため、純粋にどの塗装がお好みかでウレタン・セラウッドをご検討ください。


これがウレタンとセラウッドの真実です。
もし、ウレタンとセラウッドの明確な差の写真があり、ウレタン悪セラウッド最高!と言っているサイト・店舗がありましたら
塗料の種類・塗装回数・塗装方法を確認してください。
必ず同一ではないはずです。

終わりに
今回説明させて頂き、ウレタン塗装・セラウッド塗装とオイル塗装の違いがご理解いただけましたか?

Eury dikeの職人はオイル塗装が好きで、オイル塗装を中心に説明した様に感じた方もいると思いますが、そうではありません。

ウレタン・セラウッド塗装は水に関してはは説明する必要が無いほど変化がないのです。また傷に関してはついてしまったらしょうがないもので、メンテナンスが基本的にはできないため、このような実験になりました。
この実験を通して、オイル塗装は水シミがつきやすく、傷もつくが、メンテナンスで新品同様に戻せるということをお伝えしたかったのです。

そしてセラウッドとウレタン塗装は同じつや消しならどちら綺麗な仕上がりで、経年変化の差がある程度です。
どの塗装もすべて選択肢の一つです。
お客様のライフスタイルやメンテナンスへの性格によりその長所・短所が大きな差になります。
固定観念を捨て、ご家族皆様で話し合い、検討ください。


次はそのまま下記リンク、倉庫で選ぶ一枚板をご確認頂ければ幸いです。

≫倉庫で選ぶ一枚板
≫商品一覧
≫お問い合わせをする
≫ページトップ